TOP >  美白化粧品

スポンサードリンク

美白化粧品の効果を妨げる原因

肌のお手入れの仕方を誤ると、かえって肌を痛めてしまうことになりがちで、そんな美肌化粧品の効果を落としてしまう原因をあげてみましょう。

むやみに肌をこすりすぎると色素沈着を起こすことになり、また肌になっていない化粧品を使うことでもくすみを作ったり、様々なトラブルを引き起こします。
ストレスや睡眠不足も肌のターンオーバーを鈍らせることになり、メラニンが除去することができなくて、シミにつながるのです。
またホルモンのバランスが崩れる時期も、シミ等が出来やすくなりますので美肌に逆効果で、喫煙による酸化作用も、肌荒れやシミの原因になり美白効果を妨げます。
過食は血液中に脂肪やコレステロール、それから老廃物などを増やしてしまい、肌荒れを起こすので美白効果の妨げになります。肝臓の働きの低下も注意が必要で、逆に肝臓の働きが活性化すると、シミやくすみの原因となる過酸化脂質を分解するグルタチオンの生産能力が高まり、美白効果につながります。
また血流が悪い場合も肌荒れを起こしやすく、美肌効果を生みにくくなるなど、美白化粧品の効果を弱めてしまう原因はこんなにあるのです。

それでは美白の妨げへの対処方法は何かというと、シミの予防には、紫外線から身を守る、しっかりとしたUVケアが必要です。UV化粧品とともに、美白成分のビタミンC誘導体や保湿成分を配合した美白化粧品を使うように心がけ、そしてもちろん日ごろから日焼けしないように気をつけることです。
ビタミンが不足したりストレスがたまっていても悪影響を及ぼすので、常に睡眠をきちんととり、ビタミンやミネラルを豊富に含んだバランスの取れた食事を心がけると、美肌作りに役立ちます。体を温める植物の摂取や軽いマッサージ等も血液の流れを良くし、美白につながります。

普段の生活からこれらの事に気をつけて、あなたも美白美人をめざしてみませんか。

関連エントリー

美白化粧品の効果を妨げる原因   美白と化粧品について