TOP >  コラーゲンとヒアルロン酸

スポンサードリンク

コラーゲンとヒアルロン酸の違い

 コラーゲンヒアルロン酸には違いがあります。コラーゲンは人間や動物の身体を作る蛋白質の一種です。一方、ムコ多糖類という糖で作られているのがヒアルロン酸です。
 コラーゲンはヒアルロン酸と共に体内でも作られますが、年を重ねるごとに分泌量が減少してきます。そのため、年を取っても若さあふれる肌をキープしたいという人は、ヒアルロン酸やコラーゲンを外から摂取する必要があります。人間の体内の蛋白質の約30パーセントがコラーゲンだと言われており、特に皮膚の真皮部分については70パーセントを占めるコラーゲンは重要な成分なのだそうです。コラーゲンは体内の臓器に対しても重要な役割を担っています。細胞を増やしたり、連結させたり、支持したり、傷口をおさえる機能も有しています。
 体内のコラーゲンが欠乏すると、肌が乾燥しシワやシミが増えるだけではありません。関節の痛みや骨粗しょう症の原因にもなってしまいます。コラーゲンは、サプリメントにこだわらずとも天然の食品にも存在している成分ですが、カロリー過多になりがちなので難しいところです。コラーゲンそのものはアミノ酸の一種でもあるタンパク質なので、コラーゲンを多少摂取しすぎても大丈夫なようです。
 コラーゲンを美肌を作るための成分として関心を抱いたなら、美肌になるために必要な成分としてヒアルロン酸も併用すると弾力のある若々しい肌を作ることができるでしょう。サプリメントや補助ドリンクには、ヒアルロン酸とコラーゲンをひとまとめにして一度に摂取することによって、美肌効果が期待できるという利点もあります。

関連エントリー

ヒアルロン酸とコラーゲンは美肌に役立つ美容成分   コラーゲンとヒアルロン酸の違い   コラーゲンとヒアルロン酸の関係性