TOP >  脂肪細胞

スポンサードリンク

脂肪細胞が増えると肥満になる

 脂肪細胞が人の体には約600億個もあるといいますが、脂肪細胞とはどのようなものなのでしょう。
人間の体には、60兆個の細胞がありますが、その細胞のうち1%が脂肪細胞になります。脂肪細胞は、人の体の中で脂肪の合成や分解だけでなく、脂肪の蓄積など、脂肪に関わる色々な働きを担っている部分です。
 肥満は、脂肪細胞に溜め込まれた脂肪の量が多くなった時に起きます。1つ1つの脂肪細胞の大きさはそれほど大きくはありませんが、細胞の数が多いため、1個の脂肪細胞が1マイクログラムの脂肪を溜めると全身で60sもの脂肪を溜め込みます。また、体内に作られる脂肪細胞の数は一定ではありません。幼少時に大量の脂肪細胞を作ってしまった時などは、3000億個もの数にのぼることがあります。脂肪細胞の増加傾向は一定ではなく、人生のある時期にいきなり脂肪細胞が作りやすい時が訪れます。思春期、乳児期、胎児期に栄養を摂りすぎると脂肪細胞が増えます。
 かつて、人間の脂肪細胞は一定の年を越えると数が増えることがなくなり、それ以後の肥満は脂肪細胞に脂肪が蓄積され脂肪細胞自身がふくらむことが原因といわれていました。最も新しい報告では、脂肪細胞の数はある年齢を超えてからも増加するということが証明されています。
 脂肪細胞には、白色細胞と褐色細胞の2種類があります。白色細胞は下っ腹の部分や尻やもも、上腕部や内臓に蓄積される傾向があります。首の周り、わきの下、肩甲骨の周り、心臓、肝臓の周りにつくのが褐色細胞です。

関連エントリー

白色細胞と褐色細胞がある脂肪細胞   脂肪細胞が増えると肥満になる  

スポンサードリンク