TOP >  脂肪細胞

スポンサードリンク

白色細胞と褐色細胞がある脂肪細胞

 褐色細胞と白色細胞という細胞が、脂肪細胞を構成しています。脂肪を蓄える油滴で構成されている細胞が白色細胞です。この細胞にはたくさんの脂肪が溜め込まれます。女性はウエスト回りに脂肪を溜めやすい体質になっていますが、これは妊娠時に子宮を守るためなのです。
 皮下脂肪量が過剰になった肥満を皮下脂肪型肥満といい、体の形状が下半身太りになる傾向があるので、一般的に洋ナシ型肥満と呼ばれています。
セルライトは加齢現象によって起きるものですが、これは皮下脂肪を溜め込みすぎることも原因になります。
 男性の場合は、内臓に脂肪が溜め込まれやすくなるようです。これは、比較的がっしりとした骨格の内部に脂肪が溜まりやすいためです。内臓脂肪が過剰蓄積した肥満を内臓脂肪型肥満と呼び形状として腹部が大きく膨らむ傾向があるので、一般的にリンゴ型肥満と呼ばれています。
 生活習慣病への危険度という観点からいうならば、内臓脂肪型肥満の方が糖代謝異常や脂質代謝異常に気をつけなければいけません。

 もう1つの脂肪細胞である褐色細胞は、貯蔵出来る脂肪が白色細胞よりも少なく、余分なエネルギーを熱として放出する細胞です。脂肪を燃やしてエネルギーに変える力があるのが褐色細胞の大きな特長といえます。褐色細胞の量が多ければ多い程、体脂肪は消費されやすくなります。褐色細胞が体内で作用し基礎代謝を上げてくれることは、効率的なダイエットにとってとても有効です。

関連エントリー

褐色細胞の活性化で太りにくい体質に   白色細胞と褐色細胞がある脂肪細胞   脂肪細胞が増えると肥満になる  

スポンサードリンク