TOP >  脂肪細胞

スポンサードリンク

褐色細胞の活性化で太りにくい体質に

 ダイエット成功のためには、褐色細胞を活性化させましょう。年を取ることでカロリーが脂肪として蓄積されやすくなりますが、それは、体内の褐色細胞が加齢効果によって失われていくためです。
 脂肪が盛んに代謝される人は脂肪がつきにくく太りにくい体質ですが、これは、褐色脂肪が活性化しているためです。褐色細胞の働きが活発でない人は、エネルギーの消費も少なめなので、太りやすい体質といえます。
 褐色細胞が活性化しているかどうかは、遺伝子の作用によってきまります。体内の基礎代謝が小さく、痩せにくい体質にある人は、褐色細胞が変異しているのです。日本人の場合、褐色細胞の遺伝子が変異したことで太りやすくなっている人は3人に1人に上ります。遺伝子に対しては改善するも何もありませんが、この先頑張ることで、褐色脂肪は活性化できます。一時的に皮膚に冷たい刺激を与えるという寒冷刺激は、褐色脂肪の活性化に一役買います。適度な刺激を与えるために、18度ほどの水で泳ぐなどしてみましょう。
 また昼間はしっかり体を動かして活動し、夜は早めに眠り充分に睡眠をとる等のメリハリのある生活を続けると、褐色細胞の働きが良くなります。脂肪が燃えやすい体質には、幼少期の環境も関係しています。寒い場所で薄着でいることが多かった人は、体温が上がりやすいよう褐色脂肪が活性化しています。逆に厚着で過ごしたり、エアコンで調整された快適環境で育った人は、褐色細胞の活性度が低い脂肪蓄積型の体質になるそうです。

関連エントリー

褐色細胞の活性化で太りにくい体質に   白色細胞と褐色細胞がある脂肪細胞   脂肪細胞が増えると肥満になる  

スポンサードリンク