TOP >  脱毛の原因

スポンサードリンク

脱毛タイプと育毛

 脱毛してしまうタイプに一番多いとされているのが男性型脱毛症です。男性型脱毛症は男性ホルモンが関係しています。
 男性ホルモンのテストステロンが分解されてDHTが細胞に働きかけ、発毛を止めてしまいます。しっかりとした毛髪もこれによって細くコシのない髪になってしまいます。男性ホルモンを抑える育毛剤が効果的です。
 フケが多くなり脱毛するタイプもあります。頭皮が乾燥してくることで、乾いた皮脂がはがれ落ちてしまいます。逆に毛穴に皮脂が詰まることで起きる脱毛もあります。
 この二つは清潔にして頭皮の状態を良くすることで脱毛を抑えることができます。育毛をしていくうえで、合わないシャンプーを使ってしまうと脱毛が激しくなってしまいます。必要以上の洗髪も抜けが起きやすくなり、毛髪の乾燥を早くし、傷んだ髪にしてしまいます。

 頭皮だけではなく、髪の状態も脱毛には関係してきます。乾燥してしまっている髪は抜け毛が起きやすくなるからです。
 ストレスや精神的なものが原因となって起きるとされている円形脱毛症。ストレスが解消されることで脱毛も治まる傾向があります。
 円形脱毛症が悪化して頭部の髪がほとんど抜けるようになってしまったら育毛を考えなくてはいけない状態です。
 子供がかかりやすい脱毛もありますが、不安やストレスが原因になっていることがほとんどです。育毛よりも精神面でのケアをしてあげてください。

スポンサードリンク

関連エントリー

脱毛タイプと育毛